歴史部会 活動/報告一覧

歴史部会10月度開催報告:「幕末維新期米国日本人留学生研究の5W1Hと研究の最前線(?)」

日時:令和元年10月23日(水)13:30~17:00 場所:国際文化会館404 演題:「幕末維新期米国日本人留学生研究の5W1Hと研究の最前線(?)」 講師:塩崎 智先生 拓殖大学外国語学部教授(2006年~)学科長 … 続きを読む 歴史部会10月度開催報告:「幕末維新期米国日本人留学生研究の5W1Hと研究の最前線(?)」

コメントなし

歴史部会:9月開催報告『日本の国境はどう画定して来たのか』

日時:令和元年9月30日 13:30~17:00 場所:国際文化会館 404 演題:『日本の国境はどう画定して来たのか』 プレゼンター:小野博正 参加者:17名 日本の領土は世界60位の広さだが、排他的経済水域(EEZ) … 続きを読む 歴史部会:9月開催報告『日本の国境はどう画定して来たのか』

コメントなし

歴史部会:7月部会報告『タウンセンド・ハリス~初代米国総領事が日本にもたらしたもの』

日時:令和元年7月22日 13:30~14:30 場所:国際文化会館4F 講師:岩崎洋三氏 2019.7.22(月)の歴史部会は、岩崎洋三氏が『タウンセンド・ハリス~初代米国総領事が日本にもたらしたもの』と題して、初代米 … 続きを読む 歴史部会:7月部会報告『タウンセンド・ハリス~初代米国総領事が日本にもたらしたもの』

コメントなし

歴史部会:6月部会報告『英語の師匠-岩倉使節団一等書記官・何禮之』

日時:令和元年6月18日 13:30~14:30 場所:国際文化会館 403 演題:『英語の師匠-岩倉使節団一等書記官・何禮之』 講師:金子秀明氏 参加者:14名 何禮之(がれいし)は、長崎の唐通事の家系に生まれた。何一 … 続きを読む 歴史部会:6月部会報告『英語の師匠-岩倉使節団一等書記官・何禮之』

コメントなし

歴史部会:5月部会報告『今、ジョン万次郎を語るー「漂巽紀畧」〈ひょうそんきりゃく〉出版を期に』

日時:令和元年5月20日 13:30~17:00 場所:国際文化会館401号室 演題『今、ジョン万次郎を語るー「漂巽紀畧」〈ひょうそんきりゃく〉出版を期に』 中浜万次郎を語るには最適のお二人、北代淳二氏(東京・国際ジョン … 続きを読む 歴史部会:5月部会報告『今、ジョン万次郎を語るー「漂巽紀畧」〈ひょうそんきりゃく〉出版を期に』

コメントなし

歴史部会:3月部会報告「幕末・維新期の中国人米国留学生と日本人留学生」

日時:平成31年3月31日 13:30~16:30 場所:国際文化会館 401号室 講師:亜細亜大学  容應萸教授 当日が亜細亜大学教授としての最終日にあたり明日からは名誉教授に就任される本会会員の容先生に幕末・維新期に … 続きを読む 歴史部会:3月部会報告「幕末・維新期の中国人米国留学生と日本人留学生」

コメントなし

歴史部会:2月度部会報告『もう一つの明治維新はあり得たのか―徳川慶喜を素材として』

日時:2019.2.26 13:30~14:30 場所:国際文化会館 404号室 参加者:16名 プレゼンター:小野博正(歴史部会幹事) 昨年のNHK大河ドラマ『西郷どん』の徳川慶喜の悪役ぶりに義憤を覚え、慶喜の名誉挽回 … 続きを読む 歴史部会:2月度部会報告『もう一つの明治維新はあり得たのか―徳川慶喜を素材として』

コメントなし

歴史部会:11月部会報告「幕末維新の日米交流人脈史」

日時:2018年11月19日 2時~ 場所:国際文化会館 4階会議室 演題:「幕末維新の日米交流人脈史」 講師:村井智恵(会員) 参加:22名

コメントなし

歴史部会:10月部会報告「鍋島閑叟(直正)と佐賀7藩士」

日時:2018年10月15日 13時30分~16時30分 場所:国際文化会館 4階会議室 演題:「鍋島閑叟(直正)と佐賀7藩士」 講師:大森東亜(会員) 今回のテーマは、当会で今秋、幕末維新と関係の深い佐賀への歴史旅行が … 続きを読む 歴史部会:10月部会報告「鍋島閑叟(直正)と佐賀7藩士」

コメントなし

歴史部会:9月部会報告「憲法・3大噺」

2018.9.25 13:30~17:00 国際文化会館 401号室 安倍政権が今年中にも憲法改訂案を国会に上程すると伝えられる機会をとらえて、一人ひとりが憲法問題を考えるに当って歴史的事実を押さえて置こうというのが今回 … 続きを読む 歴史部会:9月部会報告「憲法・3大噺」

コメントなし

歴史部会:7月部会報告「海舟と薩摩藩の情報収集」そして「ワシントンでの岩倉使節団続編」

平成30年7月16日 14:00~17:00 場所:国際文化会館404号室 プレゼンター:吉原重和(会員) 「海舟と薩摩藩の情報収集」 薩英戦争後に江戸に派遣された薩摩藩遊学生達が海舟の塾生だった事が海舟日記に記載されて … 続きを読む 歴史部会:7月部会報告「海舟と薩摩藩の情報収集」そして「ワシントンでの岩倉使節団続編」

コメントなし

歴史部会:5月部会報告「西郷どんを奔らせた薩摩藩の名君:島津斉彬」

平成30年5月7日(月) 時間:14時~17時 場所:国際文化会館 プレゼンター:小野博正(会員) 参加者:18名 鹿児島の照国神社に祀られている島津斉彬は、名君に恥じない。薩摩藩が明治維新の実現に最も貢献したことは異論 … 続きを読む 歴史部会:5月部会報告「西郷どんを奔らせた薩摩藩の名君:島津斉彬」

コメントなし

歴史部会:4月部会報告「大倉喜八郎の旺盛な企業家精神」

日時:4月16日 場所:国際文化会館404号室 4月歴史部会は、東京経済大学名誉教授、大倉文化財団理事長の村上敏彦氏をお招きして『大倉喜八郎の旺盛な企業家精神』のお話を伺った。参加者:22名。 城山三郎に「野生の人びと」 … 続きを読む 歴史部会:4月部会報告「大倉喜八郎の旺盛な企業家精神」

コメントなし

歴史部会:3月部会報告「アーネスト・サトウ~幕末維新に活躍した英国外交官」

日時:2018.3.19(月) 場所:国際文化会館 講師:岩崎洋三(会員) アーネスト・サトウ(Ernest Mason Satow)は、文久2年(1862)9月日本語通訳生として19歳で来日し、以後明治13年まで約20 … 続きを読む 歴史部会:3月部会報告「アーネスト・サトウ~幕末維新に活躍した英国外交官」

コメントなし

歴史部会:1月部会報告『近代化学創設者たちと薩長留学生』

日時:2018年1月15日 副題―英国化学者アレキサンダー・ウイリアム・ウイリアムソン夫妻と薩長留学生並びに明治維新立役者の絆― (講師:西井易穂氏―会員) 1863年は、攘夷藩の長州が英仏蘭艦船を砲撃し、生麦事件を受け … 続きを読む 歴史部会:1月部会報告『近代化学創設者たちと薩長留学生』

コメントなし

歴史部会:12月部会報告『西洋近代とは何か』

日時:2017年12月18日 今年1年間の通底テーマである『西洋近代とは何か』を、参加の皆様と語り合った。西洋近代思想の民主主義、資本主義、国民国家、グローバル化などは普遍性があるがゆえに自由主義国家以外にも世界的に拡散 … 続きを読む 歴史部会:12月部会報告『西洋近代とは何か』

コメントなし

歴史部会:11月部会報告『政党政治を考える』

日時:2017年11月20日 参加者:20名 内容:『政党政治を考える』 講師:五百籏頭薫氏―東京大学大学院法学部教授 欧米や日本の現状を見渡せば、民主主義とその象徴ともいえる政党政治の在り方に疑問を覚える昨今である。今 … 続きを読む 歴史部会:11月部会報告『政党政治を考える』

コメントなし

歴史部会:10月部会報告『福沢諭吉と夏目漱石―文明開化の光と影』

歴史部会『福沢諭吉と夏目漱石―文明開化の光と影』 (講師:泉三郎氏) 2017年10月17日 狭い会場に、講師と講話の魅力もあり26名の参加を得て熱気に満たされた。明治維新で活躍した人々には天保生まれが多い。その一人、福 … 続きを読む 歴史部会:10月部会報告『福沢諭吉と夏目漱石―文明開化の光と影』

コメントなし

歴史部会:9月部会報告『巴里籠城日誌』

9月18日 参加者20名で、『巴里籠城日誌』を、原作者・渡正元氏の、曾孫である渡洋二郎氏に、現在語訳に携わった真野文子氏と石川優美子氏(二人とも、やはり曾孫)のご参加を得て講演をいただいた。 渡正元は広島藩士の子で、脱藩 … 続きを読む 歴史部会:9月部会報告『巴里籠城日誌』

コメントなし

歴史部会:7月部会報告「江戸ナイゼ―ション」

「江戸ナイゼ―ション」~「孫達に伝えたい日本・日本人の素晴らしさ」 小野寺 満憲 2008年の「江戸ナイゼーション」の講演時、今更江戸返りができるのかとの疑念が出たとか、9年後の今、メンバーの顔ぶれも変わって再紹介の意義 … 続きを読む 歴史部会:7月部会報告「江戸ナイゼ―ション」

コメントなし

歴史部会:6月部会報告「宗教思想からみた東西文化比較」

『宗教思想からみた東西文化比較』 2017年6月19日 歴史部会 参加者:19名、プレゼンター:小野博正 タイトルと若干はずれたかもしれないが、今回のプレゼンの真の目的は、現在も世界中で絶えることのない戦争は、なぜ起こる … 続きを読む 歴史部会:6月部会報告「宗教思想からみた東西文化比較」

コメントなし

歴史部会:5月部会報告「西洋近代の普遍性を問う」

『西洋近代の普遍性を問う』 5/15/2017 講師は吹田尚一氏。 20名参加。 今年の歴史部会の通底テーマが、「西洋の近代を疑ってみる」ことにあるので、今回はいきなり本丸に踏み込んだ感じである。西洋近代が達成したものに … 続きを読む 歴史部会:5月部会報告「西洋近代の普遍性を問う」

コメントなし

歴史部会:4月部会報告「武器移転の世界展開と日本の位置」

武器移転の世界展開と日本の位置 横井勝彦氏 四月十七日開催、参加十八名。 近代とは何であったかを問うシリーズ4回目は、『大英帝国の<死の商人>』の著者・横井勝彦氏(明治大学教授)をお招きし講演いただいた。これまでと違った … 続きを読む 歴史部会:4月部会報告「武器移転の世界展開と日本の位置」

コメントなし

歴史部会: 3月部会報告「近代世界にとっての条約改正問題」

本年の歴史部会のテーマ『西洋文明とは』に沿って『近代世界にとっての条約改正問題』の演題で、条約改正交渉史から見える西洋の論理を、昨年の20周年シンポの『岩倉使節団の明治国家にもたらした〝光と影“パネルのモデレイターを務め … 続きを読む 歴史部会: 3月部会報告「近代世界にとっての条約改正問題」

コメントなし

歴史部会:2月部会報告『科学の未来を考える』

日時:2017年2月20日 本年の歴史部会の命題「西洋近代の再考」の一環として『科学の未来を考える』をテーマにして、NHK特集「フランケンシュタインの誘惑-科学の闇」(90分)を鑑賞しながら、人間にとって科学とは何か?  … 続きを読む 歴史部会:2月部会報告『科学の未来を考える』

コメントなし

歴史部会:1月部会報告「人類文明5千年を俯瞰する」

今年の歴史部会は幹事の小野さんが誠に壮大な構想を提示した。宇宙とは、地球とは、人類とは、文明とは、国家とは、制度とは、をもう一度検証してみようと。その第一歩として私、芳野が表記のテーマを提示し15人で議論した。

コメントなし