英書輪読会:12月部会報告「ハリスの日記」

日時:2017年12月20日開催
内容:1856年12月4日から同年12月31日までを読んだ。

ハリスは「丹毒」、即ち主に連鎖球菌に感染して起る皮膚病のため健康は優れない。
12月31日、この年最後の日の感慨として「日本人との交渉、極めて遅速にして捗らず」と記している。その上自らの生活環境について日本側に対する不満を記録している
(永島脩一郎)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です