実記輪読会:7月度部会報告「第二十巻「ボストン」市」

日時:令和元年7月10日 13:10~14:50
場所:日比谷図書文化館4F A
ナヴィゲーター:富田兼任氏
内容
6月28日朝5時半ロードアイランド州プロビデンス港に着き北送し8時ボストンに到着、市内巡覧。学校見学、消防馬車の馬がよく調教されているのに感嘆。夜180人集まり享宴を受ける。サンフランシスコ以来の大盛会と記す。

6月29日北70㎞にあるローレンスに行き、綿花紡績工場見学。

7月1日水道貯水池を見た後、ブルックス氏邸宅を訪問、帰途オーロラを見る。

7月2日木戸・伊藤組は西方50kmハドソンタウン、大久保・山口組はローレンスに行き、それぞれ工場視察、昼食接待を受ける。

7月3日ボストンから英国に向け出港、13日アイルランドに達する。

この巻にあるボストン・シカゴの大火について、ボストンは1872年11月に発生し半日間、シカゴは1871年10月に2日間燃えた。焼失面積はボストンが26ha、シカゴは800haに及び、シカゴの大火は19世紀アメリカ最大の災害と言われている。

ブルックス氏とは紳士衣料のブルックスブラザーズ経営者エドワード・ブルックス氏を指すと考えられる。キューナードは、英国の有名な船会社だが、設立は1839年で英国政府の郵船輸送契約を結んだことから「Royal Mail Ship」と冠した。現在は米国「カーニバル」社傘下となっている。

富田命保日記によれば、6月28日田中(光顕)、杉山(一成)氏とニューヨークより汽車にてボストンに着いたとあり本体とは別行動で陸路入った。なお、吉雄辰太郎(永昌?)氏は紙幣製造管理という役目を命ぜられニューヨークに滞在することとなり、6月29日田中(光顕)理事官随行の役を解かれたとある。岩波本p337校注に「団員名簿から吉雄永昌は欠落している」との記述は、このことと関係しているのかもしれない。

(冨田兼任記)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です