ストックホルムにて

浜地道雄様からの報告です。

12月10日はA.ノーベルの誕生日。ノーベル賞授賞式が行われます。その会場、ストックホルム(「平和賞」はオスロ)を7月に訪問しました。

岩倉具視使節団の一行(11人の小集団となった)がデンマーク・コペンハーゲンからスエーデン・ストックホルムに到着したのが1873年4月 (「堂々たる日本人」泉三郎)。

ノーベル博物館の主スポンサーであるEF Education First社(スエーデン発祥で世界最大の語学学校)の関係者である私は、本年7月、家内と同地を訪ねました。
実は,お目当ては同書(P116,117 )にある一行が宿泊したというHOTEL RYDBERG。

     

尋ね尋ねていくと、何と同建物は健在。
プレート(スエーデン語)によると1850年建造の同ホテルは1914年に銀行に改装したものの、建物自体は昔のまま。

  

隣のオペラハウスも現役とのこと。そこの広場にある通称「北のライオン」Gustav Adolf二世の銅像もそのまま。
また、実記にある「同府旅館前商店の景」もほぼ、岩倉らが見た
実景の面影を残しています。

岩倉の訪問時、アルフレッド・ノーベル(1833-1896)は40歳。すでにダイナマイト事業は成功して名士になってました。もしかすると、一行には会っていたのでしょうか。
145年後の今、快晴の空の下、文字通り「時空を超えて」の静かな興奮を味わいました。

文と写真 浜地道雄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です