「米欧回覧実記輪読会」カテゴリーアーカイブ

実記輪読会:4月度部会報告 第二十七巻『里味陂府ノ記 下』(pp.135-150)

日時:令和2年4月8日(水) 13:10~15:00
場所:オンラインミーティング

1) ZOOMで「在宅勉強会」

 48日(水)の輪読会は、ZOOMを使ったネット上のビデオ会議に、参加者が自宅からパソコン、タブレット、あるいはスマホで参加するテレワーク形式で開催された。 初めての試みだったが、メンバーの吉原さんが前広に準備・テストを繰り返してくれたお陰で、定例開催場所の日比谷図書文化館のセミナールームがコロナ騒ぎで使えなくなる前に準備が整い、慌てることなく「在宅勉強会」に切り替えられたのは幸いだった。 

 午後1時に、シカゴの村井さんを含めて7人が画面上に揃い、ナヴィゲーター役の冨田さんが急用で欠席になった穴は岩崎氏が代行して初めての「在宅勉強会」がスタートした。冨田さん作成のレジメ(別添)を参照しつつ、いつものように部分部分を輪番で音読の上、解説・質疑応答する形で会を進めたが、初参加の方から「音読の良さを実感した」と言っていただけたのは嬉しかった。 

2) 本日の課題は「第27巻リヴァプールの記下(全17ページ)」

 830日に見学した造船所では巨大船(4000トンクラスと思われる)が2隻建造中だった。英国では、当時世界最大の船会社が太平洋と大西洋を繋ぐ新航路用にグラスゴーと合わせて12隻建造の計画を進めていたが、久米はその大掛かりな作業状況と重量物を移動用クレーンの仕掛けを詳細に描いた上、「製作場には図引が肝要」なのに、「性質機敏な日本の民は、思慮を厭い、進歩を失えり」と嘆いている。

 91日に訪問した大礼拝堂では巨大パイプオルガン(パイプ数7737で当時英国最大)で、2曲(リストのマーチとメンデルスゾーンの結婚行進曲)の演奏を聴き「殷々として大音律堂に充つ」と感激している。

 次いでリバプールから70キロ離れたクルー市の鉄道車両工場を見学した。1830年に世界最初の実用的鉄道をリバプールとマンチェスター間に開通させた英国では機関車・レールの生産が盛んで、国内はもとより、欧州各国、さらにはインド、オーストラリアにも輸出され、今は「支那にも架せんことを企てる・・・・鉄の利たる真に無量なるかな」と結んでいる。 

3) ZOOM勉強会の可能性 

 終わってから、各自が飲み物を持って再集合し、「バーチャル飲み会」を試みた。これも含めて、ZOOM輪読会が日比谷に集まってやるリアル輪読会と感覚的に大差なく思えたのは収穫だった。「日比谷は遠くて通えないが、この形式だったらぜひ出たい」、「広い場所では声が聴きにくかったが、ZOOMだとイヤフォンで良く聞こえる」という方々もいらっしゃることを考え合わせると、在宅輪読会をしばらく続けて良さそうに思えた。(岩崎洋三記) 

緑色の文字の部分をクリックすると表示される冨田さん作成レジメのP.3は水澤周さん作成「米欧回覧実記辞典」を、フルベッキ輪読会の市川三世史氏がデジタル化してくれたものです。

 

実記輪読会:1月度部会報告 第二十五巻「ロンドン市」ノ記 下

日時:令和2年1月8日 13:30~15:00
場所:日比谷図書文化館 4Fセミナールーム

明治5年8月11日(1872年9月13日)マーサーズホールにて夕食会。マーサ―ズホールはシティ地区にある当時の有力繊維業者マーサーズ商会の建物で、食事を饗する、いわば東京会館のような社交場。現在も営業しており、往時のままと思われる立派なシャンデリアも現存。15日小学校見学、岩倉使節団は必ず当地の学校を視察しており、新しい国を創るために教育重視の姿勢が伺える。16日ロンドン塔、電信局、郵便局視察。アジアやオーストラリアに至る海底電線網が1870年頃に整備されており、新しい世界の仕組みを実見するのに時宜を得た訪問であった。17日ロンドン南郊のサイデンハム(シデナム)の水晶宮(クリスタルパレス)を視察。1936年に焼失したので現存していない。18日ハリー・パークス宅に招かれる。21日大久保・山口副使造幣局視察。25日大英博物館視察。

番外編:前回議論になった二院制に至るイギリス議会制度の発展経緯を調べた。始まりは1215年のマグナカルタ(大憲章)に遡る。貴族・教会・都市に封建的特権が認められ、国王は徴税のためには議会を開き彼らの同意を得る、となった。1265年この原則を無視した国王に貴族側が反乱を起こし、議会(パーラメント)を開かせたのが始まり。その後戦費調達のために頻繁に議会開催の必要性が出て、議員として貴族・聖職者・騎士・市民が選ばれた。1330年代、貴族・聖職者の上院と騎士・市民代表の下院に分離されたが、絶対王政下で下院の力が強まり、1600年代の清教徒革命、名誉革命を経て立憲君主制が確立した。更に1721年首相となったウォルポールが1742年選挙で破れ多数党に政権を譲ったところから、多数党が与党となり内閣を組織するという責任内閣制が定着した。

(冨田兼任記)

実記輪読会:11月度部会報告「第23巻 倫敦府の記 上」

日時:令和元年11月20日 13:10~14:50
場所:日比谷図書文化館 4Fセミナールーム
内容:第23巻倫敦府の記 上 p64-p79 7月15日~7月30日 

7月16日 晴 午後1時 外務宰相ロートグランウェル宅訪問。ヴィクトリア女王はスコットランドの離宮に滞在中のため使節団は待つことに決定宰相宅のディナー待ちの間、ケンシントンの博物館を見学。

7月17日晴 駐日公使ハリー・パークスの誘いでブライトン(サセックス州の避暑地)へ。

7月17日晴 ロンドン市長が来訪。

7月23日晴 パークス、アレクサンダーの接待で汽車でグランドフォードへ。北白川宮、伏見宮が同行

7月24日晴 ブランドフォードで大演習見学後、ポーツマス市(英国海軍本拠地)へ

7月25日晴 マウンディ提督の官邸を訪問。昼食の接待を受ける。その後、デュークオブウェリントン号(海軍練習船)に乗船し人造石材製作現場(奴隷が従事)や造船所のドック建設を見学。ドッグ内で新発明の甲鉄艦(回転砲台を備えた砲艦)が砲撃実験で全くの無傷であったことからイギリスの海軍力に感服。その後ホテルへ。

7月26日晴 午後 ①港内係留の「記念艦ヴィクトリー号」(トラファルガー海戦の旗艦船)見学。提督ネルソンの遺品を見物しネルソンの鋭気を感じる。②ランチで「ミノトール号」(1868年完成の装甲船)見物 ③「ハーキュリーズ号」(1870年完成の甲装艦)見物 ④ノートン(港口の砲台)見物。その後宿舎へ。

7月27日晴 朝、陸軍の調練があった。司令官宅で昼食。その後兵営を一巡。夕方ロンドンへ。

7月28日 午後2時からリーゼントパークの西北にある動物園へ。園内の設備、飼育環境、飼育されている生き物の生態、生育地を細かく記述。野獣の購入費用の準備や飼育技術の必要性、動物の生育環境の整備を記載。この園の人気は欧州一で、その飼育技術の優秀さや種類の多さはオランダの動物園と並ぶが、猿類の豊富さと園内の森や泉の完備の点で勝るという。

(文責:遠藤藍子)

実記輪読会:12月度部会報告「第二十四巻 ロンドン市ノ記 中」

日時:令和元年12月18日 13:10~14:50
場所:日比谷図書文化館 4Fセミナールーム

明治5年8月1日(1872年9月3日)バッキンガム宮殿見学。ヴィクトリア女王はスコットランド避暑で不在、結果、使節団は12月まで滞在することになった。
2日パーラメント(国会議事堂)見学。英国国会は議院内閣2院制で上院(貴族院)は世襲貴族等で構成、非公選の終身任期制。下院は650名定員の小選挙区公選制、5年に一回の総選挙または解散による選挙で選出。下院議長は発言許可、秩序混乱時の議事中断、退場命令等絶対的権限を有し、時に「order(秩序を守りなさい)」と大きな声を発し議場を制する。
5日ウィンザー城、8日テームズ川を13km下流のウリッジの兵器工場、9日王室厩舎、10日ロンドンの西130kmのベーコンヒルに赴き大観兵式を見学した。

番外編【実記には記述なし】;「条約は結び損ない金取られ世間に対し何といわくら」と狂歌に謳われた大金紛失事件に触れる。アメリカから使節団と同船した高杉晋作の従兄弟でアメリカン・ジョイント・ナショナル銀行ロンドン支店長南貞助に当銀行への預金を唆され、使節団のメンバー(木戸孝允も)の中にも金を預ける者も出た、しかし銀行は破産、お金は帰って来なかった。使節団の資金を預かる大蔵省理事官田中光顕も預金を勧められたが、断ったので難を逃れた。この南貞助という人物、渡英後すぐにイギリス人妻と結婚し、1873年国際結婚が合法化された時には最初に外務省に国際結婚登録申請をした人物でもある。

(冨田兼任記)

実記輪読会:9月度部会報告 第二十一巻「イギリス」総説

日時:令和元年9月6日 13:10~15:00
場所:日比谷図書文化館 4Fセミナールーム
ナビゲーター:冨田兼任氏

イギリス回覧を始めるにあたり、イギリスを総括説明。
国名は大ブリテン・アイルランド連合王国。1922年のアイルランド分離後は「・北アイルランド・」となる。イングランドはゲルマンから移住のアングロ人(南デンマークのシュレスビッヒ)とザクセン人(ドイツのザクセン・プロシア)が祖先のアングロサクソンが住み・ウエールズ・スコットランドに土着のケルト(Celt)人を追いやった。

当時のイギリスは、インド・オーストリア・カナダの他、ジブラルタル、マルタ、アデン、シンガポール、香港、パナマを支配する大英帝国の時代。石炭採掘高・銑鉄生産高は共に世界全体の約6割を占め、まさに世界一の工業国、貿易国であった。

道路はほぼ舗装・運河(2000km)・鉄道(2万km)と交通網も発達していた。

文献によれば、1851年のロンドン万国博覧会から73年の「世界大不況」までの時期はイギリス近代史上「繁栄の時代」とよばれたとある。その真っ只中の時に使節団は訪英したことになる。その後96年まで続く大不況の時代を通じ、「世界の工場」から「世界の銀行家」「世界の手形交換所」に変身を遂げ、今日の「シティー」の基礎が作られた。果たしてブレグジットでこの地位はどうなるのであろうか?

(冨田兼任記)

 

実記輪読会:夏休み特集 8月度部会報告「教育現場における岩倉使節団の採り上げ状況」

日時:令和元年8月21日 13:30~16:30
場所:日比谷図書文化館4Fセミナールーム
演題:「教育現場における岩倉使節団の採り上げ状況」
講師:福山市立駅家東小学校 教務主任 杉原 進先生

今月は実記輪読に代わり、広島県福山市駅家(エキヤ)東小学校教務主任杉原進氏をお招きし教育現場での岩倉使節団の採り上げ状況について講演頂き、意見交換を行った。

杉原先生は、2004年の教育勉強会(セミナー)の「岩倉使節団」模擬授業に感動され「いつかはああいう授業をしてみたい」という思いを持たれた由。2009年頃から調査・資料収集を始められ、2017年ご自身で初めて岩倉使節団をテーマに公開授業を行った。その際収集資料の中に泉理事長の「堂々たる日本人」もあった縁から、当会に連絡が入りDVDをお貸しする経緯となった。

本年10月7日に教師生活の集大成として、校区の研究授業で「岩倉使節団」模擬授業を計画されている処、意見交換を目的に上京されることとなり当会合を企画した。当日は、塚本副理事長以下会員14名が参加した。

杉原先生より、経緯、授業内容の説明があり、模擬授業形式で、意見・感想等幅広く意見交換した。

当方会員より、当初計画の10か月より大幅に行程が延びた(632日、13か国)のは予期せぬ出来事(ソルトレークの大雪、天皇の委任状をとりにトンボ帰りなど)・本国からの追加調査要求が大幅に増えた・団員の好奇心も膨らんだことなどが要因、彼我の比較は「負けていたか」ではなく「遅れていたか」の表現の方が適切、政府要人トップが自ら見て感じたことが後の国の発展に大きく寄与した、キャッチアップ期間は条約改正までの40年ではなく「40年前」の欧米が当時の日本の状況と同じでありしたがって40年あれば追い着けると考えたというのが実際ではないか、福山出身の開国派老中阿部正弘を採り上げ岩倉使節団に繋げるのも一案、等々意見・解釈を述べた。

杉原先生から、得るところが沢山ありました、と謝意の言葉を頂き散会した。場所を移して行われた懇親会には泉理事長も参加した。

(冨田兼任記)

 

 

 

 

実記輪読会:4月部会報告 第十七巻「ワシントン」市後記

日時:2019.4.17 13:10~14:50
場所:日比谷図書文化館4F セミナールームA
内容:P303~P317
ナビゲーター:冨田兼任氏

5月17日北部廻覧の旅よりワシントンに帰着。その後、猛暑が続き38℃の日もあった。6月17日大久保・伊藤両副使ワシントンに帰着、その日のうちに米国側に条約交渉打ち切りを通告。
19日グラント大統領に謁見
20日各国公使館に「出立」の挨拶、各省高官を招き別離の宴
22日ワシントン出立

この巻は大きな紀行の記述なく、一般風俗や産業事情などへの感想の記述が見られる。
避暑のため多くの人が都会を離れ、この時期ワシントンは閑散としていた。ナイアガラやサラトガスプリングスの例を引き、肥前の温泉などは旅館業に力を入れたらよい、と。

南部のタバコ、米、綿花、サトウキビ産業を概括、日本米は人気高いので遠距離の輸送法さえ確立すれば輸出も可、と輸出振興にも言及。久米の着眼は現代に通じる。

共和党と民主党の大統領選の様子が記述されていたので、南北戦争の経緯を調べた。グラント大統領は戦争終結時の北軍将軍で勝利の立役者。奴隷売買は1619年に始まり18世紀に入りタバコ栽培等の労働力として増加、1720年の記録ではバージニア州で88,000人の内黒人が27,000人。自由擁護を掲げるアメリカ独立精神を信奉する北部は、ロッキー山脈の準州などを連邦に組み込むにあたり連邦議会で自由州か奴隷州かで南部と勢力争い、1860年リンカーンが大統領になると翌年南部諸州が連邦離脱を宣言、南北戦争が勃発、奴隷制を巡る連邦維持か否かが要因。
ヨーロッパは建前上不干渉だが、心情的には南部寄りでアラバマ号事件【イギリスが南部連合のために建造した船舶。戦争終結後イギリスが合衆国に1550万ドル損害賠償費を払った】なども起きた。1863年奴隷解放宣言を経て、1865年南北戦争は終結した。・・主に山川出版社 世界歴史体系アメリカ史1より

使節団が訪れた時期は、南北戦争後のバブル景気に沸いていたため経済的余裕が国を挙げての使節団大歓迎に通じた、との見方もある。

富田命保日記によれば、5月21日帰国していた小松済治氏がワシントン帰着、とある。(冨田兼任記)

実記を読む会:6月部会報告

第215回 「実記を読む会」

1. 精力的に見聞の旅を続けてきた一行は、パークスの勧めでハ
イランドで浩然の気を養うことになった。と言っても岩倉、久
米ら4人と随行3人のみ。当時の欧州にあっては山紫水明の名
勝は、スイス、イタリア、スコットランドということだった。
続きを読む 実記を読む会:6月部会報告

『米欧回覧実記輪読会』@日比谷スタートのお知らせ

これまで毎週金曜日に国際文化会館で開催してきた『米欧回覧実記を読む会』は、9月以降開催場所を日比谷図書文化館に移し、『米欧回覧実記輪読会』として、下記の通り継続して行くことになりましたのでお知らせします。

第1巻から輪番で音読しながら丹念に読んで行こうというという主旨の下、新しく会員になられた方々はもちろん、改めて読み返してみようという方々にも加わっていただき、新旧交流の場にもなれば幸いです。

参加ご希望の方は、メールで下記アドレス宛お知らせください。

1.開催日時

原則毎月第三水曜日13.00-14.40
(初回は9月13日(水)~第2水曜)

2.開催場所

日比谷図書文化館4Fセミナールーム

同日は20分休憩後、15.00-17.00に『英書輪読会』が開催されますので、案内表示は「米欧亜回覧の会輪読会」としておきます。

3.輪読会の進め方

第一巻から輪番で音読、通読し、当番(チューター役)を中心に報告・議論する。ゲストの招聘も検討する。

4.会費

800円(会員600円)
実記・英書の双方受講者は、併せて1000円

5.開催予定

9月(初回)

日時:9月13日(水)~第二水曜日~13.00-14.40
場所:日比谷図書文化館4階セミナールームA

範囲:久米邦武編著『特命全権大使米欧回覧実記(一)』の最初から

10月(第2回)

日時:10月18日(水)~第三水曜日~13.00-14.40
場所:日比谷図書文化館4階セミナールームA

『米欧亜回覧実記輪読会』

世話人 岩崎洋三

iwasakiyz1116@gmail.com