「会の活動」カテゴリーアーカイブ

各部会の活動を全体的に見るためのカテゴリー
旧「会の活動/部会」>回覧の会、部会の紹介(村井8/17)

GJ部会:11月度部会報告「株式会社にルネッサンス(人間復興)を求めて 」

日時: 20191116()13:30~16:30
場所:国際文化会館1F セミナーE室
演題: 株式会社にルネッサンス(人間復興)を求めて -最終講義-
講師: 上村 達男 早稲田大学名誉教授

 自分は、岩倉使節団のメンバーであった田邊 太一の長女花圃の夫である三宅雪嶺の子孫であり、本米欧亜回覧の会には、大変親しみを感じており、お招きいただき、ありがたい。今年、3月に早稲田大学を退任したが、1月に最終講義を行ったので、そのレジメを使いながら、お話したい。明治の先達は、海外の制度を日本に紹介する際、翻訳に苦労をした。フランス語で、会社は、ソシエテといわれ、そのメンバーはアソシエと呼ばれる。そこには、人間が集まって組織を作るという概念がある。英語のカンパニーも非営利が前提になっていた。

ところが、ここ30年ぐらいで、こうした会社の考え方が崩れてきた。株式会社は、ヒトが運営し、ヒトのために役立つものでなければならないのに、今は、資本というモノが支配する世の中になってしまった。高橋亀吉は1930年に「株式会社亡国論」で、特にその場主義の大株主の横暴と貪婪(どんらん)なる高配当欲が、その事業を著しく衰退させていると批判している。株式会社制度において、株式という仕組みによって、均一同質な単位となる資本市場の形成が可能となったが、これにより、株主という人格ではなく、株式という財産権によって、意思決定がなされることになってしまった。しかも、超高速取引株主は、ある瞬間だけ株主だが、そのような人に基準日では株主だったとみなすことは妥当か、匿名株主の権利を認めるべきか、(英国では、実質株主(real owner)情報開示請求制度がある。)など、人間疎外拡大諸要素も現れている。

こうした状況を放置すると、資本による人間に対する歯止めのない支配の横行を許すことになってしまう。フランスのジャック アタリ氏は、2030年には、国民の99%が激怒する社会がやってく ると述べている。欧州は資本の自由な活動にかなり慎重だが、アメリカはこれを放置し、日本もそれに従う懸念がある。

株式会社における人間復活の論理をいかに構築するかが重要である。その場合、議決権と配当請求権を分けて、前者は、人格権とし、後者は、財産権と考える発想がありうると考える。

近時の海外の動向はどれも人間を志向している。日本は、明治以来、各国の法制度を研究し、日本の実情に適合した法律を作った、いわば、比較法大国だ。今後、日本は経験「知」の不足を理論「知」で克服し、欧米が忘れている論理を新しい発想で掘り起こし、途上国の期待にもっと応えるモデルを構築すべきだ。

その後、質疑応答も大変活発に行われた。

(文責 塚本 弘)

 

GJ部会:9月度部会報告「イノベーション大国イスラエルとどう付き合うか」

日時: 2019年9月21日(土) 13時30分から16時30分まで
場所: 国際文化会館401号室
講師: 塚本 弘 日本イスラエル商工会議所会頭
米欧亜回覧の会副理事長
演題: イノベーション大国イスラエルとどう付き合うか

近年、イスラエルへの日本企業の進出が著しい。アメリカ企業は既に、著名な大企業がほとんどイスラエルに研究開発拠点を設置しており、イスラエルは、第2のシリコンバレーと呼ばれるほどだ。
なぜ、イスラエルはイノベーション大国になれたのか。5つの要因が挙げられる。

(1) 物怖じしない態度 粘り腰 (ヘブライ語で、フッパ−と呼ばれる)(2) 階層のない社会 どの人にもニックネーム
(3) 軍隊経験 男性36ヶ月 女性21ヶ月 予備役あり 最優秀な人間を
登用する8200部隊
(4) 失敗がマイナスにならない
(5) イスラエル イノベーション Authorityによるスタート アップ
企業支援

イスラエルのイノベーションの秘密を分析した本が「アップル、グーグル、マイクロソフトは、なぜ、イスラエル企業を欲しがるのか?」(ダン・セノール、シャウル・シンゲル著)(訳者 宮本 喜一)だ。いくつかの興味深い事例が紹介されている。

ベター プレイス: 電池交換型電気自動車 ペレス元イスラエル大統領が猛烈にバックアップ。

フロード サイエンス: 金融詐欺のチェックシステム 軍のテロリスト探索技術を応用 ペイパル社への売り込み

ベンチャーキャピタリスト ジョン・メドヴェド our crowd

23才で中隊長 最前線での生死を賭けた決断を迫られる   物怖じせずに上官の批判も可能

次に日本イスラエル商工会議所のイスラエル訪問(2019年6月)について、パワーポイントに基づき、報告。各分野で失敗を恐れず、自信たっぷりなイスラエル企業の紹介。

これからの課題は、日本のイノベーションをどう進めるかだ。元東芝副社長の川西 剛氏の「イスラエルの頭脳」を紹介したい。日本企業の弱点は、アイデアを潰す上司の存在だ。 閃きの重要性。農耕社会DNAのため協調性重視の日本 では、「天の時、地の利、人の和」。イスラエル では、砂漠に囲まれ天の時も地の利も存在しない 個人が工夫するだけ。

ただ、極端な個人主義を諌めるためユダヤ教の613の戒律がある。
日本人とユダヤ人の最大の違いは 誰もやらないことをやるかどうか。
敗者復活戦を認めない日本社会を変えて行くことが大事。
(文責 塚本 弘)

 

 

米欧亜回覧の会について

会員層、組織

当会の特長は、学生や主婦からビジネスマン、官僚、ジャーナリスト、文筆家に学者など、社会の各層を網羅した人たちが集まって、自由に意見交換をする雰囲気です。年齢層も20歳台から80歳台まで、主催する催しの参加者は、米欧亜10数カ国に及んでいます。会員が活動する場としては、全体例会や各種イベントの他に、下記の部会と関西支部があります。

米欧回覧実記輪読会

岩倉使節団に同行した書記官の久米邦武が訪問先である米欧各国で見聞したことを事細かに記した視察報告書『米欧回覧実記』。漢文調のオリジナル版、現代語訳版の2種類があります。岩倉使節団は明治4年11月12日(1871年12月23日)から1873年(明治6年)9月13日までの1年9ヶ月余(632日)を掛けて、米欧の条約締結国12ヶ国を歴訪した使節団であり、特命全権大使岩倉具視を筆頭に明治新政府首脳と随員含め総勢48名で構成されました。『米欧回覧実記』は途中で回覧を中止したスペイン、ポルトガル両国の略記等も含んだ全100巻(5冊、各冊約20巻)から成ります。

米欧回覧実記輪読会では、年に1冊(約20巻)のペースで実記を読み進め、報告者は担当の2~3巻に関連がある事項を発表し、意見交換をしています。漢文調のオリジナル版は読み難いので現代語訳版も併用。

原則として、毎月第三水曜日13.00-14.40に開催、その後、15.00-17.00に『英書輪読会』が同会場で開催されます。

担当:岩崎洋三

英書輪読会(ハリス日記)

2003年1月にスタートした「英訳米欧回覧実記を読む会」が、全5巻を11年2ヶ月かけて読了しました。

その後、岩倉使節団や幕末維新を外国人はどう見ていたか英語文献を読んでみようということになり「E. Satow輪読会」として「Sir Ernest Satow, A Diplomat in Japan」を毎月1章ずつ輪読しましたが、2年9ヶ月かけて読了。2017年2月より「The Complete Journal of Townsend  Harris, First American Consul and Minister」を輪読しています。

原則毎月第3水曜日の午後3時から日比谷図書文化館4階のセミナールームで開催。(13.00-14.40には同会場で米欧回覧実記輪読会を開催)

担当:岩崎洋三

グローバルジャパン(GJ)研究会

より良き日本の未来を目指すためには、何が必要であるかを討論する会です。

原則毎月第2土曜日に開催。

担当:畠山朔男

歴史部会

この部会では、発足以来、岩倉使節団の欧米回覧を起点としつつ、幕末から明治維新、そして近現代史全般に亘り、多面的に歴史的出来事や人物評伝をとり上げて歴史を考えてまいりました。最近の2015―2016年には、2016年12月の会の発足20周年記念シンポジューム発表に向けて、集中的に岩倉使節団員と随行員らの人物評伝をとり上げ、その成果は近く「ミネルバ書房」より刊行される予定です。
また、2017年には、「西洋近代とは何だったのか」を主テーマとして一年間、近代文明を問う、試みを致しました。

本年、2018年は再び、人物評伝をとり上げて、講師に会員と外部専門家を招いて講演会をほぼ月一回(原則各月第三月曜日13:30-16:30)開催しております。
会員以外にも聴講・討議に参加できますので、ご参加をお待ちしております。

担当:小野博正

歴史部会講演一覧表

■i-Café

岩倉使節団をもっと気軽に知っていただこう、一緒に楽しく学ぼうと3年前に斬新なスタイルでスタートしました。

三部構成で、第一部の「映像とお話」ではDVD『岩倉使節団の米欧回覧』の上映と講師のお話、第二部の「ミニ・コンサート」はプロの歌い手が使節団が訪問した国の歌を披露、第三部の「交流会」は、ワインと軽食をいただきながら、歴史を肴に和気あいあいと語りあう趣向です。原則として2~3か月に1回、日曜日の14:00~17:00に開催しています。

これまで20回ほど開催してきましたが、新旧会員懇親の場になっていることに加えて、他のグループの皆さんとの交流や、若い人たちとの対話ができるなど、会に新風を吹き込んでいただけるのは望外の喜びです。「i-Café-lecture」と称して、第一部だけのイベントも随時開催しています。

担当:植木園子

関西支部

関西在住の会員で構成し、年4回の例会を開催しています。米欧回覧実記の輪読、研究発表、意見交換など。
関西地域に多いゆかりの地を尋ねる歴史散策なども行っています。
関西在住で岩倉使節団にご興味のあるご友人知人がおられましたら、ぜひご紹介ください。

 

 

広島の小学校で『岩倉使節団』の授業が行われました。

昨夏、広島県の小学校の先生から、「6年生に岩倉使節団の授業を計画している、ついては御会のDVD『岩倉使節団の米欧回覧』を貸与願えないか?」とのご依頼をメールで受けた。

若い人たちへの啓蒙は当会としても望むところであり、泉さんの協力も得て、無償で貸出した。授業は10月に全校の先生が参観する中で行われ、大成功だった由で、下記の様な丁重な礼状をいただいた。

『今回は本当にありがとうございました。貸していただいたDVDを何回も拝見させていただきました。藁をもすがる気持ちで頼んだのを惜しみもなく貸していただいたこと、そして「堂々たる日本人」という本に出会えたことに感謝しています。これも何回も拝読させていただきました。
続きは会員のページ(要パスワード)で。

開催案内:米欧回覧実記輪読会/英書輪読会

これまで毎週金曜日に国際文化会館で開催してきた『米欧回覧実記を読む会』は、9月以降、開催場所が日比谷図書文化館に変更、名称は『米欧回覧実記輪読会』となりました。

原則として、毎月第三水曜日13.00-14.40に開催、その後、15.00-17.00に『英書輪読会』が同会場で開催されます。

続きを読む 開催案内:米欧回覧実記輪読会/英書輪読会

『岩倉使節団の群像―日本近代化のパイオニア』

ミネルヴァ書房刊 (400頁超上製本 4000円)

シンポジウム第一部「岩倉使節団の群像」を主体とし、第三部「日本の未来像」を補足して編集されました。「群像」では、正副使の岩倉具視、木戸孝允、大久保利通、伊藤博文、山口尚芳に加えて、帰国後も目覚ましい活躍をした林董、金子賢太郎、田中光顕、団琢磨、吉原重俊、渡邊洪基、安場保和、井上毅、山田顕義、田中不二麿、新島襄、津田梅子等女子留学生、長与專斎、畠山義成について、シンポジウムの各プレゼンターがまとめました。