「featured」タグアーカイブ

米欧亜回覧の会について

会員層、組織

当会の特長は、学生や主婦からビジネスマン、官僚、ジャーナリスト、文筆家に学者など、社会の各層を網羅した人たちが集まって、自由に意見交換をする雰囲気です。年齢層も20歳台から80歳台まで、主催する催しの参加者は、米欧亜10数カ国に及んでいます。会員が活動する場としては、全体例会や各種イベントの他に、下記の部会と関西支部があります。

米欧回覧実記輪読会

岩倉使節団に同行した書記官の久米邦武が訪問先である米欧各国で見聞したことを事細かに記した視察報告書『米欧回覧実記』。漢文調のオリジナル版、現代語訳版の2種類があります。岩倉使節団は明治4年11月12日(1871年12月23日)から1873年(明治6年)9月13日までの1年9ヶ月余(632日)を掛けて、米欧の条約締結国12ヶ国を歴訪した使節団であり、特命全権大使岩倉具視を筆頭に明治新政府首脳と随員含め総勢48名で構成されました。『米欧回覧実記』は途中で回覧を中止したスペイン、ポルトガル両国の略記等も含んだ全100巻(5冊、各冊約20巻)から成ります。

米欧回覧実記輪読会では、年に1冊(約20巻)のペースで実記を読み進め、報告者は担当の2~3巻に関連がある事項を発表し、意見交換をしています。漢文調のオリジナル版は読み難いので現代語訳版も併用。

原則として、毎月第三水曜日13.00-14.40に開催、その後、15.00-17.00に『英書輪読会』が同会場で開催されます。

担当:岩崎洋三

英書輪読会(ハリス日記)

2003年1月にスタートした「英訳米欧回覧実記を読む会」が、全5巻を11年2ヶ月かけて読了しました。

その後、岩倉使節団や幕末維新を外国人はどう見ていたか英語文献を読んでみようということになり「E. Satow輪読会」として「Sir Ernest Satow, A Diplomat in Japan」を毎月1章ずつ輪読しましたが、2年9ヶ月かけて読了。2017年2月より「The Complete Journal of Townsend  Harris, First American Consul and Minister」を輪読しています。

原則毎月第3水曜日の午後3時から日比谷図書文化館4階のセミナールームで開催。(13.00-14.40には同会場で米欧回覧実記輪読会を開催)

担当:岩崎洋三

グローバルジャパン(GJ)研究会

より良き日本の未来を目指すためには、何が必要であるかを討論する会です。

原則毎月第2土曜日に開催。

担当:畠山朔男

歴史部会

この部会では、発足以来、岩倉使節団の欧米回覧を起点としつつ、幕末から明治維新、そして近現代史全般に亘り、多面的に歴史的出来事や人物評伝をとり上げて歴史を考えてまいりました。最近の2015―2016年には、2016年12月の会の発足20周年記念シンポジューム発表に向けて、集中的に岩倉使節団員と随行員らの人物評伝をとり上げ、その成果は近く「ミネルバ書房」より刊行される予定です。
また、2017年には、「西洋近代とは何だったのか」を主テーマとして一年間、近代文明を問う、試みを致しました。

本年、2018年は再び、人物評伝をとり上げて、講師に会員と外部専門家を招いて講演会をほぼ月一回(原則各月第三月曜日13:30-16:30)開催しております。
会員以外にも聴講・討議に参加できますので、ご参加をお待ちしております。

担当:小野博正

歴史部会講演一覧表

■i-Café

岩倉使節団をもっと気軽に知っていただこう、一緒に楽しく学ぼうと3年前に斬新なスタイルでスタートしました。

三部構成で、第一部の「映像とお話」ではDVD『岩倉使節団の米欧回覧』の上映と講師のお話、第二部の「ミニ・コンサート」はプロの歌い手が使節団が訪問した国の歌を披露、第三部の「交流会」は、ワインと軽食をいただきながら、歴史を肴に和気あいあいと語りあう趣向です。原則として2~3か月に1回、日曜日の14:00~17:00に開催しています。

これまで20回ほど開催してきましたが、新旧会員懇親の場になっていることに加えて、他のグループの皆さんとの交流や、若い人たちとの対話ができるなど、会に新風を吹き込んでいただけるのは望外の喜びです。「i-Café-lecture」と称して、第一部だけのイベントも随時開催しています。

担当:植木園子

関西支部

関西在住の会員で構成し、年4回の例会を開催しています。米欧回覧実記の輪読、研究発表、意見交換など。
関西地域に多いゆかりの地を尋ねる歴史散策なども行っています。
関西在住で岩倉使節団にご興味のあるご友人知人がおられましたら、ぜひご紹介ください。

 

 

岩倉使節団とは?

明治維新政府首脳による西洋文明調査旅行

明治4年(1871)12月、誕生間もない明治政府は、新しい国家の設計図を求め、不平等条約改正の下交渉も兼ねて、史上空前の大使節団を米欧に派遣しました。右大臣岩倉具視(47)を特命全権大使に、木戸孝允(39)、大久保利通(42)、伊藤博文(31)、山口尚芳(33)を副使とする一行は、各省の俊才も加えて総勢50名ばかり、これに、津田梅(8)、牧野伸顕(11)、団琢磨(13)、中江兆民(25)など同行した50数名の留学生を加えると、出発時点では100名を越える大集団でした。

米欧12ヶ国を632日かけて視察し世界を一周したこの使節団は、結果として、まだ混沌としていた明治初期の日本がいかにして近代化を進め、「明治という国家」をつくっていくかという歴史的課題に、極めて大きな影響を与えました。それはまさに日本近代化の原点となる旅であり、日本の歴史上でも遣唐使に比すべき大きな意味をもつ使節だったと思います。

わたしたちは、単に明治初年のこの旅を回顧し反芻しているだけではありません。これを起点とした日本の近代化130年の歴史を振り返り、その成功と失敗の事実をはっきり認識し、現代日本が直面する諸問題についても真剣に議論し、「歴史から学ぶ」ことによって、なんらかの方策を見いだそうとしています。岩倉使節団は、現代の日本人に、元気と知恵を与えてくれる、またとない素晴らしい教材です。

主な訪問都市

米国:サンフランシスコ・ソルトレークシティ・シカゴ・ワシントン・フィラデルフィア・ニューヨーク・ボストン
英国:ロンドン・リバプール・マンチェスター・グラスゴー・エジンバラ・ニューカッスル・シェフィールド・バーミンガム・チェスター
欧州:パリ・ブラッセル・ハーグ・エッセン・ベルリン・サンクトペテルスブルグ・コペンハーゲン・ストックフォルム・ハンブルグ・フランクフルト・ミュンヘン・ローマ・ナポリ・ヴェネチア・ウイーン・ベルン・ルツェルン・ジュネーブ・リヨン・マルセーユ
寄港地:ポートサイド・アデン・ゴール・シンガポール・サイゴン・香港・上海

「岩倉使節団の再発見」 米欧回覧の会 編