I-cafemusic:2月部会報告「映像と音楽でたどる岩倉使節団の米欧回覧フランス編Ⅲ」

I-cafemusic:2月部会報告「映像と音楽でたどる岩倉使節団の米欧回覧フランス編Ⅲ」

中学生の時プルーストの大著『失われた時』を呼んでフランス文学に魅せられフランス文学研究者なったという芳野まいさん『フランスに学ぶ、日本を伝える/考える』のお話は、フランスのファッションや料理の歴史から説き起こすユニークで新鮮なお話だった。
日本がグローバル化するとき、日本文化に理解を示すフランスを
通じてという分析に大いに説得力を感じました。
続きは会員のページ(要パスワード)から。

 

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です