GJ研究会:12月部会報告:「IT大国フィンランドとシンガポールの同質性・異質性 」

*日時:平成29年12月16日(土)13:30~16:30
*場所:国際文化会館402号室
*演題:「IT大国フィンランドとシンガポールの同質性・異質性 ―低成長下の幸福社社会か、高成長下の窒息社会か」
*講師:渡辺千仭氏
プロフィール:
1968年東京大学工学部都市工学卒、1968年通商産業省入省(塚本弘氏と同期入省
1993年工業技術院技術審議官
1994年国際応用システム分析研究所(ILASA在ウイーン)同技術顧問(2009年まで)
1995年東京工業大学院社会理工学研究科教授(経営システム・インステイチューショナル・イノヴェーション)
2009年同・名誉教授
2009~2016年シンガポール国立大学客員教授
2009~2016年フィンランドユヴァヌキュラ大学客員教授
2016年~同大学 研究教授

<講演要旨>渡辺千仭氏のキャリアの中で2009年~2016年の8年間をシンガポール国立大学とフィンランドのユヴァニュキュラ大学の客員教授として過ごされ、今尚、ユヴァニュキュラ大学の研究教授としてご活躍されている氏が肌身で実感した両国の同質性と異質性に就いてICTの発達度(ITC世界ランク)と実質GDP成長率、幸福度・格差・出生率等との相関関係を示しながらIMF、World Economic Forum(WEF),The Earth Institute, ILO, WHO 等からのデータを駆使され、実体を浮き彫りにされた事は大変興味深かった。続きは会員サイト(要パスワード)で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です