英書(ハリス)輪読会:2月開催報告

日時:2019.2.13日(水)13.10-14.50
場所:日比谷図書文化館4階セミナールーム
範囲:Journal 5,pp.541-558(Feb.17,~Feb.27,1858)  Fragments,May15~June9,1858

1月25日に始まった日米条約談判は2月27日の14回をもって議了し、ハリスは条約浄書を日本側に渡す。本書がカバーするのはここまで。ハリスは直後体調を崩し静養のため下田に戻った。

幕府は60日以内の調印を約したが、条約勅許申請が認められず遅延するが、無勅許調印を決意した幕府は、7月29日神奈川沖に来航したポーハタン号上で調印に応じることになる。

直前に下田に入港した軍艦ミシシッピー号からハリスが入手した、「英国がインド反乱(セポイ(ジハーヒー)を鎮圧した」、あるいは、「英仏連合軍が清国を屈服させた(第二次アヘン戦争)」等の情報を知らされ、幕府は列強との条約締結を急ぐことになった。

ハリスは第7条の開港区域に日本側が大幅譲歩したことに驚いている。(岩崎洋三記)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です