青山霊園の岩倉使節団関連志士の墓めぐり

4月2日会員有志11名が、朝の九時半に青山霊園管理事務所前に集まって岩倉使節団関連志士たちの墓めぐり(墓マイラー)が開催された。時あたかも桜花爛漫、散策に程よい日差しの中、風もなく絶好の墓参日和となった。

 企画発案された吉原重和氏のご努力で、40名の使節団がらみのお墓が散在することが特定された。然し、青山霊園は実に広い。墓の在り処の番地がわかっても簡単には辿りつけない。みんなで手分けしつつ、和気藹々ながらも四苦八苦して探し当てるのも探偵団のようで見つけると達成感がある。

 結局、半分ほどの墓を見つけたところで予定時間となり、残りはまたを期することになったが、充実感があった。花と水を用意して廻った。

 流石に大久保利通の墓は顕彰碑も含めて巨大で、吉原重俊も丸い墓碑で大きかった。佐野常民も広大な領域を占めていた。外人墓地にはフルベッキ、松野クララ、明治天皇と西郷隆盛の肖像画で有名のイタリア人キッヨソーネ、そして、日本人として入国できなかったジョセフ彦が祀られていた。寂れた墓や整然とし墓、墓にはそれぞれの人物が辿った人生模様も伺われ、はるかなる歴史をおもった。秋にでも残りの墓を制覇したいと参加者の意見であった。

 この日の午後は日比谷図書文化館にて、icafe recture の講演会があったので、日比谷公園の噴水前にて、弁当を広げて歓談した。

文責 小野

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です