実記輪読会:1月部会報告「第14章 北部巡覧の記 上」

日時:2019.1.9 13:10 ~ 14:50
場所:日比谷図書文化館 4F セミナールームA
ナビゲーター:吉原重和

行程
・明治5年5月4日(1872年6月9日)
議事堂北の駅(Union station)から寝台車2両で出発した。
米国政府の招待旅行だったので案内役のマイヤース夫妻と娘、
上院議員のバンクス夫妻と娘が同行。森弁務使と書記生も途中まで随行。

・5月5日 薄晴 ニューブランズイックで夜が明けた。
エリザベス駅で朝食 その後ニューアーク市を通過し6時45分にジャージーシティー駅着。
ハドソン河口のフェリーで対岸のマンハッタンに渡りウエストワシントンの第16番桟橋に着く。(世界貿易センタービルの近く)

その後7時にブロードウェイのセントニコラスホテルに入った。(1000室もある大ホテル)
バッテリー地区からブロードウエーの喧騒に驚きながら市場の様子を見た。
午後3時からセントラルパークを回覧し、夜8時にブロードウェイの劇場に行った。

・5月6日 イーストリバー河口から蒸気船でウエストポイントへ
向かった。
午後4時に学校に到着した。ガトリング砲を見た。

・5月7日 学校見学で生徒の教練、軽砲隊の試験を見た。その後
花火を見てその壮観に驚いた。10時に宿に戻った。
彼等はウェストポイントの墓地も見た。

配布資料はここをクリックして下さい。

以上

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です