「岩倉使節団」カテゴリーアーカイブ

米欧回覧実記

汲めどもつきぬ「米欧回覧実記」 かつて岩波書店が「私の愛読する一冊の本」という文庫読者のアンケートをとったことがありますが、そこで最も多かったのが「米欧回覧実記」でした。 この本は、実に632日にわたった岩倉使節団の大旅行の精細な記録で、随員の一人久米邦武が編纂したものです。それは、西洋文明を丸ごと見たエンサイクロペデイア的なレポートで、1870年代の世界を輪切りにして見せてくれます。 ただ、全五巻、2200ページにわたる大部なものであり、漢字とカタカナばかりの本ですからちょっととりつきにくいのです。でも、内容は多彩豊富で個人的なコメントも随所にあり、当時の風景や建物などの銅版画も300枚余入っており、また格調高くリズムのある文章ですから、慣れてくるといつまでも読んでいたくなるような本です。 原典は、今、岩波書店から出版されていますから手軽に入手できます。そして近年「現代語訳・米欧回覧実記」も英文版「米欧回覧実記」も出版されましたから、今ではお好みの言葉で読み始めることができます。 とりわけ旅好きの人、地理や歴史に興味のある人、文化や文明に関心のある人にはこたえられない本です。どこかページを開いて、興味のあるところから読み始めてください。たとえばパリから、たとえばニューヨークから、どこから読み出しても面白く、なんど読んでもまた面白い、まことに本書は、日本人の誇るべき歴史的名著であり、「汲めどもつきぬ泉」なのです。 主な訪問都市 米国:サンフランシスコ・ソルトレークシティ・シカゴ・ワシントン・フィラデルフィア・ニューヨーク・ボストン 英国:ロンドン・リバプール・マンチェスター・グラスゴー・エジンバラ・ニューカッスル・シェフィールド・バーミンガム・チェスター 欧州:パリ・ブラッセル・ハーグ・エッセン・ベルリン・サンクトペテルスブルグ・コペンハーゲン・ストックフォルム・ハンブルグ・フランクフルト・ミュンヘン・ローマ・ナポリ・ヴェネチア・ウイーン・ベルン・ルツェルン・ジュネーブ・リヨン・マルセーユ 寄港地:ポートサイド・アデン・ゴール・シンガポール・サイゴン・香港・上海 参考リンク 久米美術館 特命全権大使米欧回覧実記 - 国立国会図書館デジタルコレクション 久米邦武... 続きを読む

岩倉使節団とは?

明治維新政府首脳による西洋文明調査旅行 明治4年(1871)12月、誕生間もない明治政府は、新しい国家の設計図を求め、不平等条約改正の下交渉も兼ねて、史上空前の大使節団を米欧に派遣しました。右大臣岩倉具視(47)を特命全権大使に、木戸孝允(39)、大久保利通(42)、伊藤博文(31)、山口尚芳(33)を副使とする一行は、各省の俊才も加えて総勢50名ばかり、これに、津田梅(8)、牧野伸顕(11)、団琢磨(13)、中江兆民(25)など同行した50数名の留学生を加えると、出発時点では100名を越える大集団でした。 米欧12ヶ国を632日かけて視察し世界を一周したこの使節団は、結果として、まだ混沌としていた明治初期の日本がいかにして近代化を進め、「明治という国家」をつくっていくかという歴史的課題に、極めて大きな影響を与えました。それはまさに日本近代化の原点となる旅であり、日本の歴史上でも遣唐使に比すべき大きな意味をもつ使節だったと思います。 わたしたちは、単に明治初年のこの旅を回顧し反芻しているだけではありません。これを起点とした日本の近代化130年の歴史を振り返り、その成功と失敗の事実をはっきり認識し、現代日本が直面する諸問題についても真剣に議論し、「歴史から学ぶ」ことによって、なんらかの方策を見いだそうとしています。岩倉使節団は、現代の日本人に、元気と知恵を与えてくれる、またとない素晴らしい教材です。 主な訪問都市 米国:サンフランシスコ・ソルトレークシティ・シカゴ・ワシントン・フィラデルフィア・ニューヨーク・ボストン 英国:ロンドン・リバプール・マンチェスター・グラスゴー・エジンバラ・ニューカッスル・シェフィールド・バーミンガム・チェスター 欧州:パリ・ブラッセル・ハーグ・エッセン・ベルリン・サンクトペテルスブルグ・コペンハーゲン・ストックフォルム・ハンブルグ・フランクフルト・ミュンヘン・ローマ・ナポリ・ヴェネチア・ウイーン・ベルン・ルツェルン・ジュネーブ・リヨン・マルセーユ 寄港地:ポートサイド・アデン・ゴール・シンガポール・サイゴン・香港・上海 「岩倉使節団の再発見」 米欧回覧の会 編 写真説明:上から、岩倉大使と4人の副使、使節団に同行した日本最初の女子留学生たち、当時のサンフランシスコ市街図 ... 続きを読む