「会の活動」カテゴリーアーカイブ

『米欧回覧実記輪読会』@日比谷スタートのお知らせ

これまで毎週金曜日に国際文化会館で開催してきた『米欧回覧実記を読む会』は、9月以降開催場所を日比谷図書文化館に移し、『米欧回覧実記輪読会』として、下記の通り継続して行くことになりましたのでお知らせします。

第1巻から輪番で音読しながら丹念に読んで行こうというという主旨の下、新しく会員になられた方々はもちろん、改めて読み返してみようという方々にも加わっていただき、新旧交流の場にもなれば幸いです。

参加ご希望の方は、メールで下記アドレス宛お知らせください。

1.開催日時

原則毎月第三水曜日13.00-14.40
(初回は9月13日(水)~第2水曜)

2.開催場所

日比谷図書文化館4Fセミナールーム

同日は20分休憩後、15.00-17.00に『英書輪読会』が開催されますので、案内表示は「米欧亜回覧の会輪読会」としておきます。

3.輪読会の進め方

第一巻から輪番で音読、通読し、当番(チューター役)を中心に報告・議論する。ゲストの招聘も検討する。

4.会費

800円(会員600円)
実記・英書の双方受講者は、併せて1000円

5.開催予定

9月(初回)

日時:9月13日(水)~第二水曜日~13.00-14.40
場所:日比谷図書文化館4階セミナールームA

範囲:久米邦武編著『特命全権大使米欧回覧実記(一)』の最初から

10月(第2回)

日時:10月18日(水)~第三水曜日~13.00-14.40
場所:日比谷図書文化館4階セミナールームA

『米欧亜回覧実記輪読会』
世話人 岩崎洋三

iwasakiyz1116@gmail.com

Please follow and like us:

歴史部会:今後の予定

開催日:7月17日(月)(海の日)13:30-16:30

場所:国際文化会館404号室

演題:『江戸ナイゼイション』

講師:小野寺満憲氏

明治維新も、明治国家も江戸時代の文化、教育、教養や幕藩体制の経験があって成功したというのが最近の歴史家の有力な考えになっております。その江戸時代とは何であったかを、今回は考えたいと思います。

会費:   1000円

次回予告

8月はお休み

9月18日(月)(敬老の日)

演題:『巴里籠城日誌から明治国家を考える』(仮題)

講師:渡洋二郎氏

ご参加希望の方は事務局(info@iwakura-mission.gr.jp)までご連絡ください。

Please follow and like us:

グローバルジャパン研究会:6月以降の予定

演題:「最近の国際情勢とその底流」

日時:平成29年6月17日(土)13:30〜16:30
場所:国際文化会館、403号室
講師:田中 努 氏

プロフィール:
1959年東京都立大学法経済学部卒、同年経済企画庁入庁、1993年5月〜1995年6月経済企画庁・事務次官
退官後は中央大学総合政策学部教授、三菱総研顧問など

<7月度予告>

日時:平成29年7月15日(土)13:30〜16:30
場所:国際文化会館、401号室
演題:「未定」

講師:片山杜秀氏(政治学者、音楽評論家)

プロフィール:
慶応大学法学部政治学科卒、同大学院法学研究科博士後期課程、2008年同大学法学部政治学科准教授、2013年教授、2009年〜2011年まで国際日本文化研究センター客員准教授

著書:
「近代日本右翼思想」(2007年講談社選書メチエ)「クラッシック迷宮図書館―片山杜秀の本3」(2010年アルテスパブリッシング)
「未完のファッシズムー“持たざる国”日本運命」(2012年新潮社・2011年司馬遼太郎賞受賞)
「見果てぬ日本―司馬遼太郎・小津安二郎・小松右京の挑戦」(2015年新潮社)、他多数

グローバル・ジャパン研究会

Please follow and like us:

グローバルジャパン研究会:3月度定例会

演題:「ガンデイーと近代~コンヴィヴィアリテイを軸として」

日時:3月18日(土)13:30~16:30
場所:国際文化会館401

講師:石井一也氏(香川大学法学部教授) 続きを読む (要パスワード)

Please follow and like us: