「会の活動」カテゴリーアーカイブ

歴史武会:次回開催のお知らせ

日時: 10月17日(火) 13:30-16:30
場所: 国際文化会館403号室
演題: 『明治近代の光と影』福沢諭吉と夏目漱石から考える
講師: 泉 三郎氏
会費: 1000円
次回予定:
11月20日(月) 演題未定
12月18日(月) 西洋近代を考える(総括)
歴史部会幹事(小野博正)

参加のご希望は事務局までご連絡ください。
info@iwakura-mission.gr.jp

Please follow and like us:

開催案内:米欧回覧実記を読む会/英書輪読会

これまで毎週金曜日に国際文化会館で開催してきた『米欧回覧実記を読む会』は、9月以降、開催場所が日比谷図書文化館に変更となりました。

原則として、毎月第三水曜日13.00-14.40に開催、その後、15.00-17.00に『英書輪読会』が同会場で開催されます。

続きを読む 開催案内:米欧回覧実記を読む会/英書輪読会

Please follow and like us:

歴史部会:次回部会開催のお知らせ

日時: 9月18日(月曜日、敬老の日)13:30-16:30
場所: 国際文化会館404号会議室

演題: 「巴里籠城日誌ー渡正元」 講師:渡洋二郎氏

岩倉使節団がパリ訪問時に、自費留学していた渡正元による「巴里籠城日誌」の現代語訳が完成したのを機会に、普仏戦争の間、パリに籠城してその全貌の日誌は観戦記録の白眉と言われ、日本のその後の政策に少なからず影響を与えた。

外遊中の山縣有朋、西郷従道らと巴里で同宿。更に大山巌、品川弥二郎ら観戦組が普仏戦争後にパリ入りすると、この日誌が注目され、外務省から直後に刊行された。

岩倉使節団の兵部省理事官・山田顕義にパリから随行し各国の兵部調査にあたり、国費留学生に転じて、サンシール陸軍学校卒業して帰国、元老院、貴族院議員歴任。

幕末の親友に井上毅がいる。前田正名、尾崎三良らは留学仲間で終生の友。

今回は、その全貌を子孫に語って頂く。ご期待ください。

会費: 1,000円

次回: 10月16日(月) 演題未定

以上

参加のご希望は事務局までご連絡ください。
mailto:info@iwakura-mission.gr.jp

Please follow and like us:

i-Cafe-lecture:7月部会報告

2017.7.30(日)14.30-16.00

藤沢の湘南アカデミア7階で開催された湘南日独協会の例会で、30人余の聴衆を前に『岩倉使節団のドイツ回覧』と題してお話させていただいた。湘南日独協会さんとは、過去に講師を斡旋いただいたり、i-Cafeにご参加いただいたりと交流を積み重ねて来た。

つづきは会員サイト(要パスワード)にて。

Please follow and like us:

『米欧回覧実記輪読会』@日比谷スタートのお知らせ

これまで毎週金曜日に国際文化会館で開催してきた『米欧回覧実記を読む会』は、9月以降開催場所を日比谷図書文化館に移し、『米欧回覧実記輪読会』として、下記の通り継続して行くことになりましたのでお知らせします。

第1巻から輪番で音読しながら丹念に読んで行こうというという主旨の下、新しく会員になられた方々はもちろん、改めて読み返してみようという方々にも加わっていただき、新旧交流の場にもなれば幸いです。

参加ご希望の方は、メールで下記アドレス宛お知らせください。

1.開催日時

原則毎月第三水曜日13.00-14.40
(初回は9月13日(水)~第2水曜)

2.開催場所

日比谷図書文化館4Fセミナールーム

同日は20分休憩後、15.00-17.00に『英書輪読会』が開催されますので、案内表示は「米欧亜回覧の会輪読会」としておきます。

3.輪読会の進め方

第一巻から輪番で音読、通読し、当番(チューター役)を中心に報告・議論する。ゲストの招聘も検討する。

4.会費

800円(会員600円)
実記・英書の双方受講者は、併せて1000円

5.開催予定

9月(初回)

日時:9月13日(水)~第二水曜日~13.00-14.40
場所:日比谷図書文化館4階セミナールームA

範囲:久米邦武編著『特命全権大使米欧回覧実記(一)』の最初から

10月(第2回)

日時:10月18日(水)~第三水曜日~13.00-14.40
場所:日比谷図書文化館4階セミナールームA

『米欧亜回覧実記輪読会』
世話人 岩崎洋三

iwasakiyz1116@gmail.com

Please follow and like us:

歴史部会:今後の予定

開催日:7月17日(月)(海の日)13:30-16:30

場所:国際文化会館404号室

演題:『江戸ナイゼイション』

講師:小野寺満憲氏

明治維新も、明治国家も江戸時代の文化、教育、教養や幕藩体制の経験があって成功したというのが最近の歴史家の有力な考えになっております。その江戸時代とは何であったかを、今回は考えたいと思います。

会費:   1000円

次回予告

8月はお休み

9月18日(月)(敬老の日)

演題:『巴里籠城日誌から明治国家を考える』(仮題)

講師:渡洋二郎氏

ご参加希望の方は事務局(info@iwakura-mission.gr.jp)までご連絡ください。

Please follow and like us: